ELVeSレーザー治療

下肢静脈瘤 ELVesレーザー1470

血管内治療用半導体レーザー装置ELVeSレーザーとは、日本で初めて厚生労働省より承認された「下肢静脈瘤血管内レーザー装置」です。
つまり、今まで自費診療でしか受けることのできなかったレーザー治療を保険適用で受けることが可能になりました。

ELVeSレーザー血管内治療は、静脈弁不全を伴った伏在静脈内に細い光ファイバーを挿入し、レーザーの熱によって静脈を塞ぐことによって血液の逆流を止めます。治療対象となる伏在静脈内でレーザーを照射することにより主に血管壁を損傷・収縮させて血管を閉塞・血流が遮断されます。術後さらに血管壁の退縮が進み血管自体が消失します。

従来の治療法「ストリッピング手術」よりも術創が少なく、体に優しい治療法です。

当院は、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設です。そして院長は、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医 です。どうぞ安心して、お任せください。

ELVeSレーザー治療法のメリットとデメリット

ELVeSレーザー治療法のメリット
  • 静脈アクセスは、穿刺法もしくは数ミリの切開で可能なため、傷がほとんど目立ちません。
  • 局所麻酔、TLA麻酔で施行可能なため、麻酔のリスクが低減されます。
  • 静脈の解剖学的閉塞率は多くの臨床研究で90~100%と報告されている等があります。
  • 体への負担が少なく、再発率も低いので、安心して治療を受けることができます。
  • 日帰り治療が可能。
  • 出血が少ない治療法です。

下肢静脈瘤 レーザー治療

ELVeSレーザー治療法のデメリット
  • 一時的に痛み、つっぱり感、皮下出血などが起こることがあります。

下肢静脈瘤症例

下肢静脈瘤 症例1
下肢静脈瘤 症例2
各治療・手術の比較表
治療・手術名 傷の目立ちにくさ 再発防止 痛み
保存的療法 × なし
硬化療法 × 少ない
高位結紮術 少ない
ELVeSレーザー血管内治療 少ない
ストリッピング手術 ある