下肢静脈瘤 高位結紮術

足の静脈には通常、血液の逆流を防止するために逆流防止弁がありますが、これが壊れることにより血液が逆流することで静脈瘤を発生します。静脈瘤の多くは付け根(そけい部)の静脈に発生します。

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)とは静脈瘤が発生している静脈を高い位置で縛りつけ、血液の逆流を防ぐ方法です。
血管エコーで静脈の弁不全の位置や分枝の状態を確認し、局所麻酔で1-1.5 cm程度の皮ふ切開を数箇所いれ、静脈を結さつ、離断します。術後包帯を巻き、普通の生活が送れます。また、当院では術後の消毒、抜糸をしなくていい方法で行い、傷もほとんど目立ちません。

高位結紮術は、単独で用いられることは少なく、硬化療法やストリッピング手術と併用する形で行われることが多い治療法です。

高位結紮術のメリットとデメリット

高位結紮術のメリット

術後の消毒、抜糸をしなくていい方法で行いますので負担が軽く済みます。また、傷もほとんど目立ちません。

高位結紮術のデメリット

高位結紮術のみでは静脈瘤が十分に治らなかったり、再発が多いため、他の治療法と併用となる事が多い治療法です。
皮膚切開部が小さいので血管が見つけにくく、手術に熟練を要します。

各治療・手術の比較表
治療・手術名 傷の目立ちにくさ 再発防止 痛み
保存的療法 × なし
硬化療法 × 少ない
高位結紮術 少ない
ELVeSレーザー血管内治療 少ない
ストリッピング手術 ある