下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤は「軽症静脈瘤」と、皮膚から静脈が大きく盛り上がる「伏在型(ふくざいがた)静脈瘤」に分けられます。
症状によって治療法を選択します。

軽症静脈瘤(軽症型)

軽症静脈瘤の代表は、赤い血管が蜘蛛の巣のように広がる蜘蛛の巣静脈瘤です。皮膚の表皮の下の径0.1㎜〜1㎜の細い血管が拡張したものです。
これは中高年の女性に多くみられ、症状はほとんどありません。軽症静脈瘤が進行して伏在型静脈瘤になることはありません。しかし、軽症静脈瘤と伏在型静脈瘤は同時に起こることがあるため、伏在型静脈瘤があるかどうかの検査を行います。

伏在型静脈瘤(伏在型)

伏在型静脈瘤は、血管がぼこぼこと浮き出したようになり、だるさや疲れなどの症状が起こります。下肢静脈瘤のなかでは、最も多いタイプです。
進行した場合は手術が必要になります。

側枝静脈瘤

大伏在静脈や小伏在静脈から分かれた分枝静脈で発症する静脈瘤です。孤立性のこともあり、伏在静脈瘤よりも細いタイプです。

網目状静脈瘤

皮膚のすぐ下にある細い皮下静脈が網目状に拡張して発症する静脈瘤。分枝静脈瘤・側枝静脈瘤よりも細く、太さが2~3mmくらいで青色や緑ががった青色になるタイプです。

クモの巣状静脈瘤

網目状静脈瘤よりも細く、細静脈・小静脈が拡張してできる静脈瘤。太さが1mm以下と静脈瘤のなかでも最も細く、紫赤色になるタイプです。